裁判員の選任

裁判員制度 初心者講座

裁判員を選ぶ手続き

裁判員の選任

裁判官は、検察官や弁護人の意見も聞いて裁判員を選ぶことになります。

面接の後、候補者の中から6人の裁判員が選ばれます。(裁判員の選任

何回も抽選で選ばれ、説明や面接を受けましたが、いよいよ裁判員に選ばれたことになります。
まず、裁判官から法律の説明を受けます。
法律上の決まりや裁判員の心構え、注意事項などの説明です。
裁判員として大事なことですのでよく聞いて場合によってはメモをとった方がいいかもしれません。

裁判員は一般の国民ですが、裁判をしているときは公の重要な仕事ですので、万一にも賄賂をもらったりなど裁判を公正に行われなかった場合は、法律に従って処罰される場合があります。
そんなことがないように、「公正で正しい裁判をします」という誓いの言葉を全員で述べます。

※裁判員が病気などで裁判に参加できない場合を想定して、補助裁判員(補充裁判員)を選ぶ場合もあります。
補助裁判員(補充裁判員)も最初から最後まで裁判に参加して、すぐ変われるようにそなえる必要があります。

裁判員もしくは補助裁判員(補充裁判員)にも選ばれなかった人は帰宅してもらいます。

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

Information