裁判員候補者が裁判所で受ける説明と面接について解説

裁判員制度 初心者講座

裁判員を選ぶ手続き

裁判員候補者が裁判所で受ける説明と面接

裁判員は、公平に裁判をしなければなりません。
裁判官・検察官・弁護人も立ち会うなか、裁判員を選任するための面接を行います。

■事件との利害関係の有無
事件の被害者の関係者だった場合、厳しい感情になって公平な判断が出来ない方もいるかもしれません。逆に被告人の関係者だと、かばいたくなる方もいるかもしれません。
そういった個人的な感情で裁判が左右されないように、裁判長から質問を受け関係者ではないことや公平に裁判が出来るかなどの確認がされます。

■辞退理由の有無
辞退したい人がいる場合は、その理由が聞かれます。
あらかじめ書いておいた質問票の回答も裁判員を選ぶための参考にします。

また、検察官や弁護人からも質問を受ける場合があります。

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

Information