裁判員制度における証拠調べについて

裁判員制度 初心者講座

裁判員が参加する裁判

証拠調べ

検察官・弁護人の冒頭陳述が終わったら証拠調べという段階に入ります。
まず検察側から証拠の提出があり、証人がいる場合は証人も提出。

証拠にもとづいてそれぞれの側の立場で主張を証明
検察官は、冒頭陳述で述べた事件の内容を証明するため証拠を裁判所に提出します。(事件に使用された凶器や医者の診断書など)
また、事件を目撃した人や事件について何か知っている事実がある方を証人として、法廷に呼ぶこともあります。

弁護人も同じように、証拠を提出します。

検察官・弁護人の両者の証拠を提出し、相手の出してきた証拠や証人に疑問があれば、説明を求めます。

裁判員が見聞きする証拠は、公判前整理手続きであらかじめ整理されたものですので、一部分の証拠しか見聞きしないことになります。

■【弁論手続き
・検察官が事実関係や法律的問題などについて意見を述べる。
これを「論告」といいます。
・検察官が被告人に与えるべきと考える刑について述べる。
・弁護人が事実関係や法律的問題などに意見を述べる。
これを「弁論」といいます。
最終陳述で被告人が意見を述べる。

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

Information