冒頭手続き

裁判員制度 初心者講座

裁判員が参加する裁判

冒頭手続き

裁判の最初の手続き
人定質問・起訴状朗読・黙秘権告知・罪状認否など

人定質問
被告人に裁判長は名前や住所などを尋ねて、間違いなくこの裁判の被告人であるか確認をします。
これを「人定質問」といいます。

起訴状朗読
検察官が起訴状を読み上げます。
起訴状とは、被告人がどんな罪を犯したのか、それがどの法律の何処に書かれている罪なのかを明らかにしなければなりません。
これを「起訴状朗読」といいます。

黙秘権告知
黙秘権とは、被告人は自分の話したいことだけを話せばよく、話したくないことは答えなくてよい権利のことです。
この黙秘権のことを被告人に伝えることを「黙秘権告知」といいます。

この黙秘権告知の後に、被告人は検察官の読み上げた起訴状について、自分の意見を述べます。

罪状認否
刑事裁判において被告人に対して、検察官が読み上げた起訴状に記載されている公訴事実について、認めるか否かを発言させるものです。
これを「罪状認否」といいます。

最後に、弁護人が意見を述べます。
検察官が述べた起訴状に対して被告人・弁護人から言い分を聞くことを「意見陳述」といいます。

弁護人は被告人の主張を法律の観点から守るが仕事ですから被告人と同じ主張を法律にもとづいて述べるのが一般的です。
ここまでを「冒頭手続き」といいます。

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

Information