裁判員制度による裁判員の仕事について解説

裁判員制度 初心者講座

裁判員制度による裁判員の仕事について解説

裁判官と一緒に裁判に参加して、検察官、弁護人の意見や証人の話しを聞いたり、証拠を見たり調べたりします。
裁判では、検察官が裁判にかけられた人(被告人)がどういった犯罪をしたのかを説明します。この検察官の説明に間違いがないか詳しく調べ、本当に犯罪を犯したのか、また犯罪を犯したのならどういった内容なのかを判断するのが、裁判員と裁判官の仕事(役割)です。
見たり聞いたりした証拠や証言などにもとづいて、裁判官と裁判員全員で話し合い、被告人が有罪か無罪かを判断し、有罪ならどういう刑罰にするか決めます。

裁判員の仕事

裁判員の仕事は大きく分けて3つあります。
1.審理
裁判によりますが基本的に、検察官と弁護人のやりとりや証人出廷にも立ち会い、裁判員として質問することが出来ます。
また、証拠として死体がある事件では、死体の写真を見る可能性もあります。
しかし、裁判員への精神的なケアも検討されています。

2.評議
法廷で見たり、聞いたりした証拠などを基に裁判官と対等の立場で議論して、有罪無罪や刑の重さ(量刑)を決める。
全員一致しない場合は多数決となります。

3.判決
裁判長による判決宣告に立ち会う。

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

Information